リフォーム価格・費用・見積もりの鳥海工務店:大田区


リフォームの価格 見積り お問合せ
リフォーム工事現場
ホームページ内検索
リフォーム工事エリア

東京都

大田区 世田谷区 目黒区 品川区

神奈川県

川崎市川崎区 幸区 中原区 横浜市鶴見区 港北区 都筑区

内側より 穴あけ中
外壁を 内側より 穴あけ中

フード取り付け
穴あけ後 フード

ジェットエンジンみたいな換気扇
内側の 換気扇 『ジェットエンジンみたいです』

断熱材を天井に取り付け中
天井の 断熱材  施工中

全面に断熱材を取り付け
天井全面に断熱材を取り付け

断熱材 施工完了
断熱材 施工完了



リフォーム工事の価格・工期など直通電話【090−3230−0414】にてお問合せ下さい。
(「リフォーム工事ブログ見た」でお問合せいただけると助かります)
メールの方はブログホームページからお問合せ下さい⇒
内部より 穴あけ 位置決め
内部より 穴あけ 位置決め

外部の位置確認
外部の 位置 確認

使用する音の静かなファンとダクト
使用する 音の静かな ファン と ダクト



リフォーム工事の価格・工期など直通電話【090−3230−0414】にてお問合せ下さい。
(「リフォーム工事ブログ見た」でお問合せいただけると助かります)
メールの方はブログホームページからお問合せ下さい⇒
事故事例のご報告です。
去年引き渡した、大田区S様邸の新築住宅です。

お施主様より『屋根裏に雨漏り?ではないか』と一報が入りました。

雨漏りするような複雑な屋根ではないので屋根裏に入り点検したところ、
内部結露による水漏れが発見されました。

理由として考えられるのは
1.通気層を確保できなかったこと。
(これには屋根形状からして軒の出幅が全くないため、通気層を確保することは困難でした)
2.高断熱性を確保できる素材『断熱材』の為逆に温度差を生じこのような状態が起こったかと思われます。

屋根裏の断熱材の状況
屋根裏 断熱材の 状況です。

アップ画像
断熱材のアップ画像

さらにアップ
さらに アップ  断熱材表面に 茶色いシミが 見えます。

床にたれた シミ
床にたれた  シミ

断熱材を全て撤去
全部 撤去(びっしょり 濡れているのと、 カビも 発生しております)

コンパネ面のアップ画像
剥がしたコンパネ面 の アップ画像

コンパネ面
剥がした コンパネ面

処置として
屋根(破風面)壁面に通気層で確保も考えましたが、、
(それでも万が一症状が治せない場合と次のシーズンまで結露の判断は出来かねますので、、)
その方法だと今度は雨漏りの心配です。(ある意味結露より怖いです。)

在来のグラスウールを使いなおかつファンで強制的『タイマー』に換気する方法をとりました。
このほうが間違いないと思います。

高断熱素材でこのような事例は他でもあるらしいです。
このような材料で断熱している場合屋根裏の点検をお勧めします。



リフォーム工事の価格・工期など直通電話【090−3230−0414】にてお問合せ下さい。
(「リフォーム工事ブログ見た」でお問合せいただけると助かります)
メールの方はブログホームページからお問合せ下さい⇒

提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所